ビタミンC誘導体と肌荒れ

季節の変わり目に肌荒れになったり、不安定になったりする人は多いという。またそんな時の対処法を知らず、やみくもに化粧品を替えたりする人も多いらしい。季節の変わり目の肌の不調や変調は、肌の免疫や抵抗力が弱っていることが考えられるため、刺激の強い美白やアンチエイジング化粧品の使用は一旦中止した方が良いという。さらに化粧水などの水分の多い化粧品が沁みるようなら一時的に使用を中止し、クリームやワセリンなどの油分の多いもので皮膚を保護して様子を見るのが賢明だという。1週間程度様子をみて落ち着いてきたら、セラミドなどを配合した保湿美容液を塗って、バリア機能を健全な状態につくり直していくという。化粧品のアイテム数は極力減らし、肌に最低限なものだけを塗ることが、肌荒れのときの鉄則だと覚えておくと良いらしい。私は肌の不調が起こったとき、季節の変わり目がまさか原因だと思ったことがない。単なる「普段の生活の中での肌への結果」とばかり思っていた。そのような季節の変わり目なども肌の不調の原因となりうるということを知っただけでも大きな収穫だ。しかしながらそのような場合、日常生活の中での睡眠時間や食生活、ストレスとのたまり具合なども見直す必要があるらしいのだが。肌荒れは肌表面だけでなく体の内側に要因があることも往々にしてあるので、出来るだけ規則正しい生活を心がけることは大事みたいだ。とは言っても、仕事や環境の都合でどうしても生活が不規則になる場合があるが・・・。

ビタミンC誘導体を探してみる

今日は時間の都合もあったので、ちょっとビタミンC誘導体関連の化粧品を探してみようと思っています。特に美容液がなくなりそうなので、ビタミンC誘導体化粧品ジャンル全般でいろいろ調査してみて、気に入ったものを通販になると思うけど買ってみようと思う。しかし、それだけで肌が改善されるなら苦労はないのですが、たぶん他にも欲しくなると思うので、様子をみながら考えるとしましょう。

コメントは受け付けていません。

ページトップへ