ジルのピュアドロップを自分だけで感じた想像力の欠如

自分で言うのもなんですが、あまり想像力が豊かなほうではありません。なんとなく、ぼんやりと何でも見てしまう傾向にあると思います。
ジルカラコンのピュアドロップも今となっては大好きですが、最初みたときはイメージがつかなったというのが本音のところです。
あとはセンスマニアも好きなカラコンの一つです。
デカ目が揃うセンスマニアのカラコン特集。大きいのだと15.0mmのレンズ直径のまであるよ。使用期間は1年タイプだから長く使えるしコスパいいね。
とにかくカラコンの種類が多いよね。
デカ目部門、ナチュラル部門、ハーフ部門とあるけど、このサイト紹介してる韓国カラコンサイトの中でもかなり多いほうではないかな。
カラコンを探すときによくデカ目なんていうけど、具体的に何mmの直径あればデカ目になれるかなんて決まりはありません。
元の黒目の大きさによっても違うでしょう。
14.2mmのラーチくらいでもでか目効果あると感じる人もいれば、14.8mmのクラッシーチョコビッグでもデカいと思わない人もいるでしょう。
周りの友達の影響もあるのではないでしょうか。ナチュラル系の小さいのを着けてる友達の中に14.8とかのレンズをつけて行くと浮くかもしれませんが、周りがみんなそのくらいのサイズならそれが普通に感じるようになるものではないかと思うのです。
ちなみに、センスマニアの中でデカ目部門で人気そうなのは、オペラとかパピヨンとかもそうでしょう。
カラコンというのはほんの僅かなレンズ直径や着色直径の違いで印象も変わります。どちらかというと着色直径のほうを意識して選んだほうがうまくいくことが多い気がします。クリアの部分は全く見栄えに関係ありませんからね。
韓国カラコンにもこういったナチュラル系があるんだということが分かるシリーズです。
マロンは14.0mmでアラモードは14.2mmですので、少しだけ黒目が大きく見える程度でしょうか。インパクトやダリ2も14.0です。ジャスミンは14.2ですね。
ばれないとか学校や会社に着けていけるかという判断は本人しか出来ませんが、デザイン面でそのカラコンのコンセプトでどう判断するかというのもありますね。
この手の小さいタイプは、種類が圧倒的に多いでしょうから、選ぶのも大変です。安さだけで選ぶのもちょっと怖いかもしれません。
目の負担のことを考えると小さいサイズを選ぶメリットもあるでしょう。長期使用タイプはこのくらいのサイズにしてデイリーユーズにし、ワンデータイプで大きめの盛れるのにするという考え方もあるでしょうね。
ちなみにセンスマニアは現時点でワンデーはありません。
もう一点、かなりの人気のシリーズを挙げるとすると、センスマニア クラッシーブラウンになるかな。フルキャスティングモールド製法にかわったというところがポイントでしょうね。
それによりどこまで装着感に違いが出たかはつけてみれば分かると思いますが、この製法というのは興味深いのですが、サンドイッチ製法とどこまで違うのか詳しくしりたいのですが、簡単には説明があっても具体的に書かれてるところが見つかりません。
先ほど書いたとおりセンスマニアには今のところワンデーはなくすべて最長1年使用タイプとなります。
この点は他の韓国カラコンでも同じで、1年使用の展開がないところは当サイトで紹介しているところにはありません。
1年というのは結構長いですから、飽きっぽい人は1年も経たずに違うのに浮気してしまうかもしれませんし、雑な性格な人はレンズを洗うときに破ってしまうかもしれません。
中には、最長1年とはいえ、目のことを考え、半年とかで新しいのを買う人もいると思います。
個人的な感想としては、どうしても毎日使ってると汚れが付着したり劣化を避けることは出来ないでしょうから、長くても6ヶ月くらいで新しいのを購入したいと考えています。それでも十分にコスパはいいと思います。
センスマニアは送料が必要です
センスマニアを個人輸入で注文する際に、商品代金とは別に送料が必要になります。普通便や最速便などにより異なりますので公式サイトで確認して下さい。
韓国カラコンならどこも到着は同じくらいというわけではなく、サイトによってかなり日数が変わります。
センスマニアの装着画像を見てみましょう
このページでは1点だけまだ紹介していなかったハーフ系のエティカの3カラーが載った装着画像を紹介しておきます。
4色配合なんて珍しいね。
姉妹サイトのメイクルームも要チェックだね。

コメントは受け付けていません。

ページトップへ