美白化粧品とビタミンC誘導体

シミの中には美白化粧品が効くものと効かないものがあるらしい。そもそも美白化粧品等のは予防的に使うもので出来てしまってからではあまり効果が期待できない場合もあるという。多くの女性が気にする殆どは老人性色素斑。これに関してはごく初期の見えるか見えないか程度の薄いものにしか美白化粧品は効かないという。なので(シミができたっ!)と気づいてから美白化粧品を使い出しても思ったような成果が出ず(効かない)と諦める人が多いという。しかし個人差はあっても40代くらいになれば老人性色素斑は誰にでもできるもの。実際にシミが見え始めるのを待たずに30代にもなったら美白化粧品を使い始めると、シミの発生を極力抑えることができるという。しかし本当は20歳を過ぎたら毎日ビタミンC誘導体を配合した化粧水や美容液を使うのが一番理想的らしい。他にニキビ痕や傷の痕がシミになった“炎症性色素沈着”や“肝斑(かんぱん)”などには効果が期待できるようだ。ピーリングなどを併用すると更に効果を高めることができるとも言う。しかし、実際には自分のシミはどの種類かなんて、判断しかねる。やはり一度専門の皮膚科を受診し、専門医と相談しながら(時には内服薬なども併用しながら)治療するのが賢明と言えるのではないだろうか。

ページトップへ